星と地平線を眺めた竜巻

汗をたらして吠える子供とあられ雲

毎日の日常の中で、「悟り」のポジションってなんなんだろう。無関係と思う?「餃子」は、アナタにとってはどんな意味があるんだろう。
  • HOME

凍えそうな月曜の朝は冷酒を

友人のチカコは頭がキレる。
頭が良いなーと感じる。
とりあえず他者を傷つけたりはしない。
あれ?と思っても、ちょっとでもその人の気持ちも酌む。
ということから、許容範囲が膨らむし、強くなるのだ。
考えを押しとおす事より、この方が彼女にとって優先なのかもしれない。
自分が傷つかなくてすむ方法、経験を自分のものにするやり方をよーく分かっている。

ノリノリでお喋りする弟と読みかけの本
仕事の関係で、日光へ向かうことが非常にたくさんあった。
北関東に位置する日光市は栃木県にあって、内陸の県で、たくさんの山に囲まれている。
もちろん、冬になると積雪し、除雪車やチェーンは必須だ。
秋に差し掛かると、東北自動車道を使って2泊3日で行って、行って帰って、また2泊3日というスタイルが非常に多く、旅行誌などで日光の様子が紹介されると懐かしいとさえ感じてしまう。
「日光を見ずして結構というなかれ」という面白い言葉がある位なので、一度は旅をしてほしい所だ。
ちょっとだけ話をさせてもらうと、旅行のメインは日光東照宮。
江戸を整備した家康の墓があるところで、境内の様子に驚くだろう。
また、高い山の上方に位置する奥日光湯元温泉。
硫黄泉らしく、白く、熱い湯。
この温泉を浴びると冷えにも良いのではないかと思う。
日光東照宮建立当時、湯元温泉のお湯を目標にかなりの人数の湯治客が集まったらしい。
様子は想像可能な歴史深いここ日光。
宿泊所の紹介も兼ねて、ハイウェイウォーカーなどにたくさん載っているこちら日光市に、行こうと考えている。

夢中で叫ぶあの人と夕立

ある変わった業務があったとき「まあ、なんとかなる」と考えていた新人の頃。
当時の自分を含むチームのみんなが、「過ぎちゃえばなんてことないよ」などとのんびりとらえていた。
見かねた指導担当の女性上司が、発したセリフが脳裏に残っている。
「成功に向かって充分に日々を過ごしたからこそ、終わってから成功しただけの話。
だから、この状況のように簡単にとらえていて、たまたま仕事が単純だったという意味ではありません。
終わってしまえば簡単だったと言う言葉の裏にあるのは、真逆です。
前から真面目に取り組み準備をしたからこそ、能力が有り余って、内容がスムーズに進んだと言う事実を言っています。
じゅうぶん仕事をする気になれましたか?
なめてないで真剣に取り組んでください。」
という事。
その後、私は必死に取り組みなんとか仕事をすることができた。

気どりながら泳ぐあの人と冷たい肉まん
人それぞれに、嗜好や好みがあると思うが、どんなものか聞くのが大好き。
友達に聞いてみたところ、お金、パステルカラーの洋服、彼氏の事が大好きとの事。
そして、異性の血管の出た手。
それと、ヨーロッパ系言語の巻き舌。
自分にはピントこない。
りんごアメ、肌に直接薄手のニット、女っぽい香水、声の高い若い人が好きだと、話してみた。
全く分からないとの事だった。
まさにこれは、フェチという分野らしい。

雹が降った祝日の朝に目を閉じて

人間のおおよそは水分という研究結果もあるので、水分は人々の基本です。
水の補給を充分に行い、みなさん活発で楽しい夏を過ごしたいものです。
輝く光の中から蝉の声が耳に届くこの頃、普段あまり出かけないという方でも外出したくなるかもしれません。
すると、女性だと紫外線対策に関して気になる方が多いのではないでしょうか。
暑い時期の肌のケアは秋に出るという位なので、やっぱり気にかけてしまう部分かもしれません。
そして、誰もが気を使っているのが水分摂取に関してです。
もちろん、いつも水分のとりすぎは、あまり良くないものの、暑い時期は少し例外の可能性もあります。
なぜなら、たくさん汗を出して、知らず知らずの間に水分が出ていくからです。
外出した時の自分の体調も関わるでしょう。
思いがけず、自身が気づかないうちに軽度の脱水症状や熱中症にかかる可能性もあるでしょう。
暑い盛りの水分補給は、次の瞬間の体調に出るといっても言い過ぎにはならないかもしれません。
少しだけ歩くときにも、ちっちゃいものでかまわないので、水筒があればとても経済的です。
人間のおおよそは水分という研究結果もあるので、水分は人々の基本です。
水の補給を充分に行い、みなさん活発で楽しい夏を過ごしたいものです。

どんよりした大安の夜に外へ
石田衣良という物書きに魅せられたのは、愛の部屋で。
「愛がいない部屋」というサブジェクトの小さなストーリーが詰まった小説が本棚にあったから。
古里の福島のお母さんが読んでいたものだそうで、その後野菜や衣類と一緒に箱詰めにして宅急便で送ってくれたらしい。
その頃はまだまだ名前の知れていなかった石田衣良。
愛ちゃんはふつうタレント本や経済、マナー本などは買う。
だけど、所謂小説は嫌いだそうで、愛がいない部屋を私にくれた。
彼女の母さんはどんなことを考えながら、愛がいない部屋を手に取ったのだろうか。

凍えそうな月曜の日没に足を伸ばして

息子の3歳の誕生日が近いので、誕生日プレゼントをどういったものにするかを考えている。
嫁と相談して、体で遊ぶ遊具か知育玩具か着るものなどにするかを決めようとしている。
考えるがなかなか決められないので、実際に見て選ぶことにしたけど、ピンとくるものがない。
しかし、子供に近くにいかせてみたら、あっさりと決まった。
すべり台に一生懸命になったから、それに決めた。
ただ、今のアパートが窮屈なので、一番小さなコンパクトなやつに決定した。
販売価格もわりと安かったので、よかった。

ゆったりとダンスする母さんとファミレス
とある真夏の昼。
少年は家の庭で、蟻の行列が虫の死骸をせっせと運ぶところを注意深く観察していた。
アリ達は一所懸命に働いているのだけど、虫の死骸ひとつでこんなにたくさんのアリがいても、無駄なんじゃないかと、少年は不審に感じた。
少年は、蟻たちを泥で埋めたらどうなるだろう、という欲求にかられた。
だが、今日は何もせず見守ることに決めた。
とても暑い日だから、少年の汗はダラダラと流れ、ポタポタと蟻たちの近くに落ちた。

雲の無い水曜の早朝に想い出に浸る

短大を卒業して、正社員として多くの仲間に囲まれて仕事をしていた。
しかし、年数がたつにつれて、仲間とチームワークを組んで何かするというのに向いていないと痛感した。
働く時間が長い上に、チームで進めていくので、やはり噂話が多数。
噂話を元に、仲よくすれば世渡り上手になれるのかもしれない。
だけど、どうでもいいとしか思えない運命なのだ。
そして、作業がスローな人に合わせるという我慢ができない、早い人についていけない。
そもそも努力が見られない!と感じるだろうが、家族には運命なのだと言われた。

じめじめした金曜の深夜に焼酎を
わが子とのふれあいをとればとるほど、娘はめちゃめちゃ慕ってくれる。
生まれてすぐは、仕事の業務がすごくめまぐるしく、顔をあわせることがほとんどなかったため、たまに顔をあわせても近寄ってくれなかった。
実の父でありながらと哀しい思いだったが、仕事が激職だからとあきらめずに、いつも、休みの日にお散歩に連れ歩くようにした、抱えても、お風呂に入れても普通になった。
このごろ、仕事で家を出る時、私が居なくなることが悲しくて涙を流してくれるのがほほがゆるむ。

Copyright (C) 2015 星と地平線を眺めた竜巻 All Rights Reserved.

Page Top